• 個人誌 Ariel
  • 井田泉ブログへ
  • Facebookへ

新着情報

Count per Day

  • 124481総閲覧数:
  • 87222総訪問者数:

アーカイブ

ウィリアム・ティンダル『新約聖書』1526 の後書き「読者へ」

下記の訳書にかなり依拠していますが、残念ながらこれには部分しかないので、全訳を試みました。

D. ダニエル『ウィリアム・ティンダル──ある翻訳者の生涯』(勁草書房、2001、田川建三訳)

勤勉であってください、読者よ(わたしはあなたがたに勧めます)。

そうすれば純粋な心をもって、聖書が言うように素朴な目をもって、健康と永遠の命の言葉に至るでしょう。

この言葉によって、(もしわたしたちが悔い改めてそれらを信じるなら)わたしたちは新しく生まれ、新しく造られ、キリストの血の実りを楽しむのです。

その血は、アベルの血のように復讐を叫ぶのではなく、命と愛と恩寵と恵みと祝福と、そして神を信じ従う者に対して聖書の中に約束されているすべてを獲得したのです。その血は、<わたしたち>と、<怒り、復讐、呪い、そして信じず従わない人たちに聖書が警告しているあらゆるもの>の間に立っています。

彼らはその心の中で、神の律法に抵抗し、それに同意しません。神の律法は正しく神聖であり公正であって、そうあるべきものです。

聖書の平易で明白な箇所に印をつけてください。そして疑わしい箇所には、それらに反する解釈を付け加えないでください。しかし(パウロが言っているように)すべてが信仰に一致し適合するようにしてください。

律法と福音の違いに注意を払ってください。一方は問い、要求します。他方は罪を問わず赦します。一方は脅し、他方は、キリストにのみ信頼する者にすべての良きものを約束します。

福音は喜ばしい知らせを意味しています。それは良きものの約束にほかなりません。

福音の書に書かれていることすべてが福音であるというわけではありません。なぜなら、律法がなくなってしまえば、福音が何を意味するのかわからないからです。律法があなたがたを責めて、あなたがたの罪、悪事、過ちを宣告しないならば、あなたがたは赦しと恵みを知ることはできません。

マルコ福音書の最初にキリストが言われたように、悔い改めて福音を信じなさい。常に律法をあなたの行いに当てはめて、あなたがたの心の中に律法に反する欲望がないかどうか確かめなさい。あなたがたは必ず、自分の中に、何らかの悲しみ、痛み、悲嘆を感じるでしょう。なぜなら欲望にまみれていては律法の求める行いをなすことはできないからです。

福音、すなわち約束に依り頼みなさい。キリストの功(いさお)に、神の憐れみと真実に。そうすれば失望することはありません。あなたがたは神を、思いやりある憐れみ深い父と感じるでしょう。そして神の霊があなたがたのうちに住み、あなたがたのうちにあって強くあるでしょう。

その約束のものは最後にあなたがたに与えられるでしょう(すぐにではないにしても──あなたがたがそれを忘れて怠惰にならないように)。そしてすべての脅かしはキリストの血のゆえに取り去られます。

この方に自分自身をまったくゆだねなさい。あなたの良い行い、あるいは悪い行いなどは忘れて。

クリスチャンたる学問ある人々にわたしは心からお願いします。わたしはほんとうそう思い、わたしの良心がうずきます。純粋な願いから、素朴で真実な思いから、わたしは神がわたしに与えてくださった知識と理解のかぎりそれを翻訳しました。これは初めてのものです。ですから仕事の不出来で機嫌を損ねられませんように。

まねるべき人はおらず、これまで同じように聖書を訳したりしたたぐいの英語のもので助けになるようなものは何もなかったのです。さらに予想もしない、力に余る困窮と妨害が(神が証人です)あって──わたしたちが自分を誇っていると思われることがありませんように──必要な多くのものが足りませんでした。

この翻訳を、十分に形ができたものとみなさず、言わば月足らずで生まれたもの、始まったものであって完成したものではない、と受けとめてください。来るべき時には(もし神がそのことにわたしたちを任命してくださるなら)、余分なものが加わっているならそれを除き、不注意のために見過ごしたところがあれば加えて、十分な形にするつもりです。

冗長に訳されているところは簡潔にし、必要なところには光をあてて明確にし、いくつかの箇所ではより適切な英語を探し求めましょう。表を用意して一般に用いられない単語を説明し、聖書が一般の人々の理解されるようにどのように多くの語を用いているかを示しましょう。そして、他の表現ではなくこの表現が用いられている、という箇所を明らかにしましょう。言わば、それをよりよく見て、弱い胃に合うように努力するつもりです。

学問のある人たち、能力のある人たちが、彼らの責務を心に深くとめることを切に願います。この事業を助け、信じる者の会衆であるキリストの体を向上させるために、同じ目的のために彼らが神から受けた賜物を差し出すようにと。キリストから来る恵みが彼を愛する人々とともにありますように。アーメン

The Complete Works of William TyndaleTYNDALE’S Epistle

To The Reader, Subjoined To His First Published Version Of The New Testament, 1526

TO THE READER

Give diligence, reader, I exhort thee, that thou come with a pure mind, and, as the scripture saith, with a single eye, unto the words of health and of eternal life; by the which, if we repent and believe them, we are born anew, created afresh, and enjoy the fruits of the blood of Christ: which blood crieth not for vengeance, as the blood of Abel, but hath purchased life, love, favour, grace, blessing, and whatsoever is promised in the scriptures to them that believe and obey God; and standeth between us and wrath, vengeance, curse, and whatsoever the scripture threateneth against the unbelievers and disobedient, which resist and consent not in their hearts to the law of God, that it is right, holy, just, and ought so to be. Mark the plain and manifest places of the scriptures, and in doubtful places see thou add no interpretations contrary to them; but (as Paul saith) let all be conformable and agreeing to the faith. Note the difference of the law and of the gospel. The one asketh and requireth, the other pardoneth and forgiveth. The one threateneth, the other promiseth all good things to them that set their trust in Christ only. The gospel signifieth glad tidings, and is nothing but the promises of good things. All is not gospel that is written in the gospel-book: for if the law were away, thou couldest not know what the gospel meant; even as thou couldest not see pardon and grace, except the law rebuked thee, and declared unto thee thy sin, misdeed, and trespass. Repent and believe the gospel, as saith Christ in the first of Mark. Apply alway the law to thy deeds, whether thou find lust in thine heart to the law-ward; and so shalt thou no doubt repent, and feel in thyself a certain sorrow, pain, and grief to thine heart, because thou canst not with full lust do the deeds of the law. Apply the gospel, that is to say the promises, unto the deserving of Christ, and to the mercy of God and his truth, and so shalt thou not despair; but shalt feel God as a kind and merciful father. And his Spirit shall dwell in thee, and shall be strong in thee, and the promises shall be given thee at the last, (though not by and by, lest thou shouldest forget thyself and be negligent,) and all threatenings shall be forgiven thee for Christ’s blood’s sake, to whom commit thyself altogether, without respect either of thy good deeds, or of thy bad. Them that are learned christianly I beseech, forasmuch as I am sure, and my conscience beareth me record, that of a pure intent, singly and faithfully, I have interpreted it, as far forth as God gave me the gift of knowledge and understanding, that the rudeness of the work now at the first time offend them not; but that they consider how that I had no man to counterfeit, neither was helped with English of any that had interpreted the same or such like thing in the scripture beforetime. Moreover, even very necessity, and cumbrance (God is record) above strength, which I will not rehearse, lest we should seem to boast ourselves, caused that many things are lacking which necessarily are required. Count it as a thing not having his full shape, but as it were born before his time, even as a thing begun rather than finished. In time to come (if God have appointed us thereunto) we will give it his full shape, and put out, if ought be added superfluously, and add to, if ought be overseen through negligence; and will enforce to bring to compendiousness that which is now translated at the length, and to give light where it is required, and to seek in certain places more proper English, and with a table to expound the words which are not commonly used, and shew how the scripture useth many words which are otherwise understood of the common people, and to help with a declaration where one tongue taketh not another; and will endeavour ourselves, as it were, to seethe it better, and to make it more apt for the weak stomachs; desiring them that are learned, and able, to remember their duty, and to help them thereunto, and to bestow unto the edifying of Christ’s body, which is the congregation of them that believe, those gifts which they have received of God for the same purpose. The grace that cometh of Christ be with them that love him. Amen.

—The Complete Works of William Tyndale