• 個人誌 Ariel
  • 井田泉ブログへ
  • Facebookへ

新着情報

Count per Day

  • 158274総閲覧数:
  • 105545総訪問者数:

アーカイブ

【聖書協会共同訳「詩編」の日本語について──個人的印象(3)】


詩編102編を例に、主(あなた)を主語とする文の動詞の尊敬語の有無を調べてみました。

17節
「主はシオンを築き
栄光のうちに姿を現されます。」
 敬語あり

18節
「主はすべてを失った者の祈りを顧み
その祈りを軽んじませんでした。」
 敬語なし

20節
「主はその聖なる高き所から目を注ぎ
天から地を見ました。」
 敬語なし

24節
「主は道半ばで私の力を挫き
私の生涯を短くされた。」
 敬語あり

27節
「天地は滅びるが、あなたは立っておられます。」
 敬語あり

このように敬語の有無が混在しています。翻訳・編集過程においてどう判断されたかのかはわかりません。

わたしが自分の祈りとしてこの詩編を祈るとき、特に18節が困ります。


「主はすべてを失った者の祈りを顧み
その祈りを軽んじませんでした。」

ここは
「……その祈りを軽んじられませんでした」
としたいのです。