• 個人誌 Ariel
  • 井田泉ブログへ
  • Facebookへ

新着情報

Count per Day

  • 170542総閲覧数:
  • 115377総訪問者数:

アーカイブ

【説教】朽ちないものに復活し

コリントⅠ  15:42-50

2022年2月20日・顕現後第7主日

聖光教会

 

 「死者の復活もこれと同じです。蒔かれるときは朽ちるものでも、朽ちないものに復活し、蒔かれるときは卑しいものでも、輝かしいものに復活し、蒔かれるときには弱いものでも、力強いものに復活するのです。」コリントⅠ 15:42-43

 先ほど読まれた使徒書の1節です。

 主日の聖書日課・使徒書を確かめますと、顕現後第5主日から今日を含め4主日連続して、コリントの信徒への手紙Ⅰ(コリント前書)の第15章が選ばれています。そのテーマは「復活」です。新共同訳聖書で数えますと、この第15章だけで「復活」という言葉が23回も出てきます。どれほどパウロが「復活」ということを読者に伝えたかったか、が感じられます。けれども「復活」はなかなか理解されにくかった。。パウロがアテネで伝道して「復活」を語ったとき、あざ笑われたことが使徒言行録には記されています(17:32)。「復活」と聞いて、わたしたちはどうでしょうか。

  今日は、このコリント前書第15章でパウロが復活について何を語っているか、に耳を傾けましょう。3つにまとめます。

 第1に、パウロは復活のキリストに出会った、ということです。

……