• 個人誌 Ariel
  • 井田泉ブログへ
  • Facebookへ

新着情報

Count per Day

  • 187132総閲覧数:
  • 125343総訪問者数:

アーカイブ

【説教】神からの風と火──聖霊降臨

使徒言行録2:1-4

2022年6月5日・聖霊降臨日

上野聖ヨハネ教会にて

 

今日は聖霊降臨日。およそ2000年前のこの日、主イエスを信じる人々が集まって祈っていたとき、神の霊がその人々に激しく注がれて、教会が誕生しました。イエスは生前、また昇天に際しても、神の霊、聖霊を送ることを弟子たちに約束しておられましたが、この日、その約束が事実となったのです。

聖霊降臨──それは「出来事」です。皆で想像を膨らませたというのではありません。だれかが瞑想のうちに悟りを開いたというのでもありません。聖霊降臨は、ある時間と空間の中で(おそらく紀元30年6月のある日曜日、エルサレムで)起こった「事件」です。弟子たちが一緒に経験した出来事です。使徒言行録はこの出来事をこのように伝えています。

「五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。」2:1-3

ここで二つの言葉に心を留めましょう。「激しい風」と「炎のような舌」です。この日弟子たちに注がれた聖霊がどのようなものだったかを、この二つの言葉が伝えてくれます。

……

※写真は上野聖ヨハネ教会