• 個人誌 Ariel
  • 井田泉ブログへ
  • Facebookへ

新着情報

Count per Day

  • 181953総閲覧数:
  • 122448総訪問者数:

アーカイブ

【説教】あなたは命を選びなさい

申命記30:15-20

2022年9月4日・聖霊降臨後第13主日

上野聖ヨハネ教会にて

 今日の旧約聖書は申命記から朗読されました。旧約聖書の5番目の書物です。

 初めに申命記についていくらかのことを申しますと、まず第1は、イエスさまが特別に愛された書物であるということです。詩編とともに申命記の言葉と精神は、イエスさまの心に深く宿り、その力の源、また支えとなっていました。

 具体的に言いますと、イエスが公の活動を開始する前、40日40夜断食して悪魔の誘惑に遭われました。3回にわたる誘惑の3回とも、イエスは申命記の言葉によってそれを退けられたのです。パンの誘惑に対してイエスは、「『人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』と書いてある」と答えられましたが、そのように書いてあるのは申命記第8章3節だったのです(マタイ4:4)。

 またある律法学者が「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか」と尋ねたとき、イエスはこう答えられました。

「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、私たちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』」マルコ12:29-30

 これは申命記第6章4~5節の言葉です。

 このようにイエスさまと非常に関係の深い申命記ですが、わたしが思うのに、他に二つ大事な特徴があります。一つは、神の愛を強調していることです。

……

プルピット・フォール(説教壇前掛け布)

フロンタル(聖卓前掛け布)とチャリスベールなど