• 個人誌 Ariel
  • 井田泉ブログへ
  • Facebookへ

新着情報

Count per Day

  • 181954総閲覧数:
  • 122449総訪問者数:

アーカイブ

【説教】キリスト・イエスは世に来られた

テモテ一 1:12-17

2022年9月11日・聖霊降臨後第14主日

敦賀基督教会にて

 今日の使徒書の中には、キリスト教の中心的メッセージと言うべき言葉がありました。
「キリスト・イエスは、罪人を救うために世に来られた。」
テモテへの手紙一 1:15
 この言葉を特に今日は心に留めたいと思います。

 「キリスト・イエスは……」。普段わたしたちは「イエス・キリスト」と言っているのですが、ここでは順序が逆になっています。今日朗読された範囲(1:12-17)でも「キリスト・イエス」が4回繰り返されていました。「テモテへの手紙一」全体を確かめてみたところ、「キリスト・イエス」が12回、「イエス・キリスト」が2回で、「キリスト・イエス」がこの手紙では圧倒的に多いことがわかります。
ご存じのとおり「キリスト」は名前ではなく、救い主の称号です。「キリスト・イエス」。キリストであるイエス。イエスがキリスト、救い主であることを強調したいのでこの語順になったのでしょう。

 ところで「キリスト」の本来の意味は、「油を注がれた者」ということです。旧約聖書では、王や祭司が任命されるときに油を注がれて、神の権威と力を授かりました。油とは神の霊、聖霊を意味しています。わたしたちの救い主イエスも、洗礼を受けられたとき、神の霊が鳩のように降(くだ)って来ました(ルカ3:22)。

……