• 個人誌 Ariel
  • 井田泉ブログへ
  • Facebookへ

新着情報

Count per Day

  • 187132総閲覧数:
  • 125343総訪問者数:

アーカイブ

【説教】あなたに与えられている神の賜物を

テモテへの手紙 二 1:1-14

2022年10月2日・聖霊降臨後第17主日

上野聖ヨハネ教会にて

 今日は使徒書として「テモテへの手紙 二」が朗読されました。先主日までは「テモテへの手紙 一」が3回続けて読まれ、今日からは「テモテへの手紙 二」が4主日連続して朗読されます。そこで今日はテモテという人物に注目してみましょう。
 
 テモテはおそらく小アジア(今のトルコ)のリストラという所の出身で、パウロの同労者です。彼の母親はエウニケという人でユダヤ人、父親はギリシア人です。彼の信仰は祖母のロイスと母エウニケから受け継いだものですが、同時にパウロから強い影響を受けました。


 パウロはテモテを非常に好ましく思い、彼を伝道旅行に伴いました。使徒言行録には「パウロは、このテモテを一緒に連れて行きたかったので……」(16:3)と記されています。
それでテモテはパウロに同行して、伝道の喜びと苦労を共にしました。一緒に活動をした都市を挙げると、フィリピ、テサロニケ、ベレア、コリント、エフェソなどです。またテモテは、新約聖書のパウロの手紙のうち、四つの手紙で、共同の差出人になっています。どういうことかと言うと、例えば「フィリピの信徒への手紙」の冒頭はこうです。
 「キリスト・イエスの僕であるパウロとテモテから……」

 パウロがどれほど彼を信頼していたか、またどれほど深い協力関係を持っていたかが分かります。テモテはやがて若くしてエフェソの地域の監督になり、宣教と牧会に心を砕きました。そうして何年経ったでしょうか。

 今、テモテは元気がありません。非常に苦労していて、力を失っているようです。

……