• 個人誌 Ariel
  • 井田泉ブログへ
  • Facebookへ

新着情報

Count per Day

  • 194940総閲覧数:
  • 130406総訪問者数:

アーカイブ

【説教】その名はインマヌエル

マタイによる福音書 1:18-25

2022年12月18日・降臨節第4主日

聖光教会にて

「『その名はインマヌエルと呼ばれる。』この名は、『神は我々と共におられる』という意味である。」マタイ1:23

 キリスト教の内容を一言で言うとすれば、聖書全体のメッセージを一言で言うとすれば何でしょうか。それは「インマヌエル」です。「神は我々と共におられる」──このことを告げるのが聖書です。その「インマヌエル」をヨセフは、夢の中で天使から知らされました。

 マリアの夫となり、イエスの父となるヨセフに、今日は目を留めてみることにしましょう。そのヨセフは、幸せな人としてではなく、苦しむ人、悩む人として登場します。今日の福音書の冒頭です。

「イエス・キリストの誕生の次第は次のようであった。母マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった。夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことを表ざたにするのを望まず、ひそかに縁を切ろうと決心した。」マタイ1:18-19

 いちばん信頼している人を信頼できなくなった。もっとも愛している人から最大の打撃を受けた。これがヨセフです。婚約者マリアは身ごもっている。しかしそれは自分の子どもではない。マリアに何があったのか。ヨセフはひとりで悩み、考えました。行き着いた結論は、ひそかに縁を切る、ということでした。そう決心したところに、神が介入されます。

……