• 個人誌 Ariel
  • 井田泉ブログへ
  • Facebookへ

新着情報

Count per Day

  • 194939総閲覧数:
  • 130405総訪問者数:

アーカイブ

【説教】言は肉となって、 わたしたちの間に宿られた

ヨハネによる福音書 1:1-14

2022年12月25日・降誕日

京都聖三一教会にて

 

「言(ことば)は肉となって、わたしたちの間に宿られた。」ヨハネ1:14

 これはクリスマスの出来事を一言であらわす言葉です。神の言葉は、肉体となって、人の生身の体となって、わたしたちの間に宿られました。

 「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。」

 これはヨハネ福音書独特の表現で、人を哲学的な思索へと誘う響きを持っています。けれども今日はそのようにではなく、この言葉から素朴な事実を受けとめて、感じてみたいのです。

 神の子は、人の子となられた。神から来られた方は、今、赤ちゃんとして飼い葉桶の中に、あるいはマリアのふところにおられる。その赤ちゃんの体は体温があって温かい。「肉となった」のですから、その体は柔らかく温かいのです。それを見る人、その体に触れる人は、心が温かく優しくされるでしょう。

 想像してみましょう。わたしたちは赤ちゃんのイエスさまを見つめる。その手、その頬に触れる。赤ちゃんのイエスさまを抱く。わたしのほうに変化が起こってきます。こわばっていたわたしの心も体も、柔らかく温かくなっていきます。「肉となった」とはそういうことです。

……