• 個人誌 Ariel
  • 井田泉ブログへ
  • Facebookへ

新着情報

Count per Day

  • 194940総閲覧数:
  • 130406総訪問者数:

アーカイブ

【説教】イエスの名を呼んだ人々

ルカによる福音書 2:15-21

2023年1月1日・主イエス命名の日

上野聖ヨハネ教会にて

 

「八日たって割礼の日を迎えたとき、幼子はイエスと名付けられた。これは、胎内に宿る前に天使から示された名である。」ルカ2:21

 新しい年が始まった今日、1月1日は「主イエス命名の日」です。「8日たって」とは、12月25日の降誕日から数えて8日目ということですね。この日幼子は正式に「イエス」と名付けられました。天使からマリアに、またヨセフに「その子をイエスと名付けなさい」(ルカ1:31、マタイ1:21)と命じられていたとおりに、それを実行したのです。

 マリアはイエスの名を呼びました。ヨセフもイエスの名を呼びました。近くにいた人たちも、イエスの名を呼んだことでしょう。主イエスは30年あまり、その生涯にわたってその名前を呼ばれることになります。わたしたちも今日この礼拝を、「主イエス・キリストよ、おいでください」と、主イエスの名を呼んで始めました。

 「イエス」とは、「主は救い」という意味です。

 

 ところで今、イエスは生涯その名を呼ばれることになったと言ったのですが、実際に聖書の中でだれがイエスの名を呼んだのか、それはどんな場面であったか、を今日は確かめてみたいと思います。

……