• 個人誌 Ariel
  • 井田泉ブログへ
  • Facebookへ

新着情報

Count per Day

  • 114323総閲覧数:
  • 80683総訪問者数:

アーカイブ

あなたの救いを見た──シメオンの賛歌

ルカ2:22-40
2020年2月2日・ 被献日
奈良基督教会での説教

今日は教会の暦で「被献日」、生後約40日のイエスさまが両親によってエルサレムの神殿に連れて行かれて、神さまにささげられたことを記念する日です。

 そのエルサレムにシメオンという人がいました。相当な高齢でした。彼についてはこのように言われていました。

 「この人は正しい人で信仰があつく、イスラエルの慰められるのを待ち望み、聖霊が彼にとどまっていた。」ルカ2:25

 この人は「正しい」人でした。神さまの前にまっすぐに生きてきた人です。

 「信仰があつく」 自分の損得や世間の評価などではなく、祈りつつ神さまを中心に生きてきた人です。

 そして「イスラエルの慰められるのを待ち望」んでいた人だと言われています。イスラエルとは言い換えると「神の民」。長い年月先祖代代、神に導かれ、神を頼りとして生きてきた人々の集団です。その「イスラエルの慰められるのを待ち望」んできた。自分だけが慰められることを願うのではなく、神の民全体が慰められるのを願い、待ち望んできた。このように書かれているのは、神の民イスラエル全体が長い間苦しみ、神に背き、傷つき、そして神の赦しと癒しを経験できずにきた、ということを現しています。
……