• 個人誌 Ariel
  • 井田泉ブログへ
  • Facebookへ

新着情報

Count per Day

  • 170542総閲覧数:
  • 115377総訪問者数:

アーカイブ

【説教】イエスが岸に立っておられた

ヨハネ21:1-14

2022年5月1日・復活節第3主日

上野聖ヨハネ教会にて

 

 シモン・ペテロが「わたしは漁に行く」と言うと、他の弟子たちが「わたしたちも一緒に行こう」と答えました。

 場所はティベリアス湖畔。ティベリアス湖とはガリラヤ湖の別名です。この弟子たちの故郷、またイエスさまの故郷の湖です。

 一緒に漁に行った弟子たちの名前が記されています。

「シモン・ペトロ、ディディモと呼ばれるトマス、ガリラヤのカナ出身のナタナエル、ゼベダイの子たち、それに、ほかの二人の弟子」ヨハネ21:2

 全部で7名です。

 

 一晩中苦労しました。徒労でした。その晩は1匹も魚がとれなかったのです。

 苦労してその結果が空しかったとき、体が疲れるのはもちろんですが精神的な疲労、失望が大きいものです。疲れ果てた弟子たちは、夜明けの湖の舟の中で、口をきく気力もなくへたり込んでいます。陸からは90メートルくらいの所です。

 そのとき、岸辺に立った人影があります。

 「子たちよ、何か食べるものがあるか」

……