• 個人誌 Ariel
  • 井田泉ブログへ
  • Facebookへ

新着情報

Count per Day

  • 173569総閲覧数:
  • 117596総訪問者数:

アーカイブ

【説教】手を上げて祝福された──主イエスの昇天

ルカ24:50-51

2022年5月29日・復活節第7主日(昇天後主日)

京都聖三一教会にて

 今日の福音書はこのように始まっていました。最後の晩餐の席での主イエスの祈りです。
 「また、彼らのためだけでなく、彼らの言葉によってわたしを信じる人々のためにも、お願いします。」ヨハネ17:20
 イエスはわたしたちのために祈っていてくださる。最初の弟子たちのためだけではなく、「彼らの言葉によってわたしを信じる人々のためにも」、つまり後(のち)の弟子であるわたしたちのためにも、イエスは祈っていてくださることを知らされます。わたしたちはイエスの祈りによって支えられています。

 ところで今日は昇天後主日。3日前の木曜日は、主イエスが天に上げられたことを記念する昇天日でした。それで今日は主イエスの昇天のことをお話ししたいと思います。
 使徒言行録によれば、イエスは復活された後、40日にわたって何度も弟子たちに現れて、ご自分が生きていることを示されました。こうして時が満ちて、イエスは天に上げられます。


 ルカによる福音書の最後の方を読んでみましょう。
「イエスは、そこから彼らをベタニアの辺りまで連れて行き、手を上げて祝福された。そして、祝福しながら彼らを離れ、天に上げられた。」ルカ24:50-51
……