• 個人誌 Ariel
  • 井田泉ブログへ
  • Facebookへ

新着情報

Count per Day

  • 187129総閲覧数:
  • 125340総訪問者数:

アーカイブ

【説教】王なるキリスト

ルカ23:35-43

2022年11月20日・降臨節前主日

聖光教会にて

 今日は降臨節前主日。教会暦の1年の最後の主日です。この主日には「王であるキリスト」という別名があります。英国教会やアメリカ聖公会のカレンダーを見ると、“Christ the King”と記されています。
 教会暦1年の最後の主日、1週間後に控えている降臨節の始まりに先だって、キリストがわたしたちのまことの王であることに思いを向けよう──これが今日の趣旨です。今は隠されているけれども、終りの日には、キリストは王としてご自身を現されます。

 今日の特祷にはその趣旨が込められていました。
 「永遠にいます全能の神よ、あなたのみ旨(むね)は、王の王、主の主であるみ子にあって、あらゆるものを回復されることにあります。」
 「王の王であるみ子」と祈りました。損なわれたこの世界、深く傷ついたこの世界と人々を回復し癒やすことが神の意志です。その回復と癒やしの業を、王の王であるみ子イエス・キリストが必ず実行される。


 特祷の続きはこうでした。
 「どうかこの世の人びとが、み恵みにより、み子の最も慈しみ深い支配のもとで、解放され、また、ともに集められますように。」
 「み子の最も慈しみ深い支配」、「支配」という言葉も、み子が王であることを表現しています。この方は深い慈しみによってわたしたちを包まれる。そうしてこの方の願いがわたしたちの願いになる。これがみ子の支配です。権力、暴力による抑圧ではなく、愛による保護と統治です。

 今、特祷の中に「王であるキリスト」が込められていることを確かめたのですが、聖書日課のほうはどうでしょうか。

……

※写真は聖光教会と皇帝ダリア